名古屋を中心とする東海地方の漢方医学と、それに基づいた健康・美容情報等をご紹介します。

名古屋漢方

お勧め記事 読めば解る漢方雑話

漢方臨床記事まとめ

更新日:

漢方臨床記事まとめ

漢方臨床記事まとめ

ブログ「名古屋漢方」管理人の、ムセキ(@nagoyakampo)です。本業は薬剤師で、漢方医学を専門にしています。

本記事は、本ブログで今まで私が書いた記事やnoteのうち、漢方の実臨床向け、若しくはそれに役に立つと考えられるものをピックアップしています。

「今まで漢方を勉強してきたけど、いまいち実践できない。」

と悩まれている方に、特にお勧めです。

内容は、漢方入門~中級者向けとなります。

あまり難しくは書かず、出来るだけ漢方医学の基本に忠実にまとめてありますので、手前味噌ですが「市販されている本よりはお役に立てるのではないかな?」と思っています。

まずは治療の基本を押さえておいて、少しずつ自分自身のオリジナリティを出していけば良いのではないでしょうか。

漢方の勉強は焦る必要はありませんので、じっくりと取り組まれる事をお勧めします。何人かに今まで私が漢方を教えた経験では、その方が早く上達しています。

本記事は、以下の構成になっています。

漢方医学入門

漢方医学理論

調剤メインの薬剤師向け記事

証決定向け記事

ドラッグストアでの漢方の選び方

これからご紹介する記事群で、漢方医学にありがちな「色々と本を読んだけどよく解らない」「何となく解った様な解らない様な感覚」が一つでも少なくなる事を願っています。

それでは、どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

漢方医学入門

ムセキ
漢方医学を学ぶ上での考え方、勉強の仕方等をお話しています。

この見出しでは、漢方医学の門を潜った方向けの記事とnoteをご紹介致します。

漢方は臨床でつかってナンボですけど、それと同時に勉強していく必要もあります。勉強を進めていく上でのコツやポイントが解っていた方が良いですよね。

まあ、迷い迷い勉強する方法もありますが、時間が勿体ないと思います。

その辺りにフォーカスを当てていますので、きっとお役に立てるのではないでしょうか。是非、ご覧ください。

漢方の勉強方法について

私が、10年以上漢方を勉強してきた中で培った勉強のコツを記事にしています。書かせて頂いたポイントを念頭に漢方の勉強を進めて頂くと、効率よく勉強していく事が出来ます。

実際に買って良かったお勧めの書籍等もご紹介していますので、是非ご参考下さい。

参考記事
漢方の勉強方法
漢方の勉強方法について

続きを見る

漢方勉強10の心得

少し大袈裟な名前ですが、これは今でも私がやっている漢方を勉強していく上での注意点です。

100円の有料noteですが、無料部分で気をつけるべき10のポイントの見出しと、1個目のポイント部分を読むことが出来ます。

無料部分だけでも目を通して頂けると、漢方の勉強で道を踏み外しにくくなります。自分で書いておいて何ですが、とても参考になると思います。

是非是非、ご覧ください。

漢方医学理論

ムセキ
元々臨床向けの漢方理論を書いていますので、それらもご紹介します。

この見出しでは、臨床にもすぐに使える漢方の基礎理論の記事をご紹介致します。臨床は大事ですけど、その下支えはやはり基礎理論です。

私は基礎理論好きなので、どれだけ基礎をやっても飽きません。また、基礎理論を勉強する際には「それをどうやって臨床に応用していくか?」という視点が大事です。

ご紹介する記事には、その視点も含めて書かせて頂いています。是非ご覧ください。

【漢方】気とは何か?

漢方医学で一番の難問は「気」の概念の理解ではないでしょうか。

西洋医学では概念自体が省かれ、臨床上での使用方法も資料が少ない、感覚勝負な所があるのでいまいち自信が持てない。そもそも理解出来ない。

この様なお悩みを持ってらっしゃる方は本当に多いです。また、教える方も「宗教と思われる。」「感覚なのでどうやって伝えれば良いのか。」といった悩みがあります。

こちらの記事では、気の成り立ちから基本的な生理について解説しています。まずは「どの様なものか?」を理解して頂いて、納得するのが大切です。

漢方医学を勉強する上で、気の概念は避けては通れません。この機会に、是非身につけていって下さい。

参考記事
気とは何か?
【漢方】気とは何か?

続きを見る

陰陽学説って臨床現場でどうやって使う?具体的な方法をご紹介します!

陰陽学説は漢方医学の基礎中の基礎です。ですが、基礎と言っている割にはその理解の程度があまり進んでいないのではないでしょうか。

この世の全ては陰陽に分けられる、と言います。その「仕分け方法」や「臨床でどう扱えば良いか?」というのをこちらの記事にてご紹介しています。

漢方医学の扉ですので、是非ご覧ください。

参考記事
陰陽学説は臨床の場で必須です。
陰陽学説って臨床現場でどうやって使う?具体的な方法をご紹介します!

続きを見る

調剤メインの薬剤師向け記事

ムセキ
調剤をしている薬剤師向けの記事です。

漢方は、証決定だけではなく調剤でもその知識が必要になります。

薬局薬剤師としては、医療用漢方製剤の服薬指導方法や副作用発現の注意点、処方に合った養生法を知っておきたい所です。

本見出しでご紹介する記事群は、その辺りにアプローチしています。「時間が無い中での業務が少しでも楽になると良いな。」と思いながら書きました。

解りやすい漢方解説データベース

ブログ「名古屋漢方」のメインコンテンツです。医療用の漢方エキス製剤を全て網羅しており、服薬指導例も載っています。

漢方処方の説明時にお使い頂くと便利かと思います。リンク先の記事はまとめ記事となっていますので、対象のモノを選んでご覧ください、

参考記事
「漢方薬の効果や副作用の解りやすい説明」データベース

続きを見る

気を付けるべき漢方薬の副作用まとめ

漢方薬について、一般の方が持たれている印象は「効き目がマイルド」「安全」と言われています。

しかし、漢方薬の中には作用が激烈なものや副作用を起こしやすいものがあり、決して安全とは言えません。

こちらの記事では、「漢方薬の副作用」について詳しくご紹介しています。これらを頭に入れてから患者さんにお話されると、一段上の服薬指導が出来るはずです。

どうぞご活用下さい。

参考記事
気を付けるべき漢方薬の副作用まとめ

続きを見る

証決定向け記事

ムセキ
主に漢方相談で証を決定する、という事を主眼に置いた記事です。

証決定は漢方医学の中で一番の醍醐味でもありますが、身につけるまでかなり時間がかかります。少しでも効率的に見につけて頂けるよう、系統立てて記事を書いて行きますので、是非ご参考下さい。

漢方入門。臨床第一歩目は身体内部の冷え(裏寒)の解消方法を学ぼう!

私が漢方を本格的に勉強し始めて、最初にマスターしたカテゴリーです。これが出発点でした。色々と迷った時は、毎回この立ち位置に戻っています。

裏寒を解消しておかないと、その他の病態が上手く改善しなかったり、逆に悪化させてしまう場合もあります。その辺りの事も含めてご紹介しています。

参考記事
身体内部の冷え(裏寒)の解消方法
漢方入門。臨床第一歩目は身体内部の冷え(裏寒)の解消方法を学ぼう!

続きを見る

脾虚の見分け方と漢方治療について

裏寒の次に気をつけるべき状態です。脾胃というのはユニットとして考えると上手く行きます。胃腸の調子と読み替えても良いでしょう。

こちらの記事では、脾虚の見分け方と治療について詳しく解説しています。どうぞご覧ください。

参考記事
脾虚の見分け方と漢方治療
脾虚の見分け方と漢方治療について

続きを見る

裏虚・虚労の治療について

裏寒、脾虚の治療が一段落した所で考えたい病態です。筋肉疲労が酷く、筋肉が固くなったり疲れ易くなったり便秘気味になったりします。

この辺りまで来ると、血を動かす事が出来ますね。裏虚・虚労はポイントを掴むと見抜きやすいので、漢方の楽しさが味わえます。

是非是非マスターして頂きたいカテゴリーになります。

参考記事
裏虚・虚労の治療
裏虚・虚労の治療について

続きを見る

気血両虚の治療について

補剤の王様、気血両虚剤の使い方について詳しくご紹介しました。

使いやすい様に見えて、意外と使用条件が厳しい処方群です。しっかりとその辺りも押さえて使用していきたいものです。

以下の記事にて、気血両虚の基本的な考え方と治療方法をご紹介しています。是非、ご覧ください。

血虚の治療について

血虚の治療はバリエーションが多く、どれを使えば良いかというのが中々解りにくいという欠点があります。

以下の記事では、血虚の種類について整理し、それぞれの対処法をご紹介しています。

難しいですが、根本治療への道ですので是非是非マスターしてください。

腎虚の治療について

腎虚の治療は、身体を作っている根本の元気である「腎精」の虚を補う治療になります。精というのは先天の精というもので、祖先から受け継いだ元気とも言えます。

現代医学的に言いますと遺伝子ですね。遺伝子も転写を繰り返すうちにテロメアが擦り減り、時間が経つにつれて老化を起こします。

その事を漢方医学で「腎精の虚」と呼んでいます。その腎虚の治療は、全ての漢方治療の終着点となります。また、腎虚の治療は血虚程はありませんがバリエーションが多く、どれを使えば良いか迷いやすいという特徴があります。

以下の記事では、腎虚の種類について整理し、それぞれの対処法をご紹介しています。

難しいですが、根本治療への道ですので是非是非マスターしてください。

参考記事
腎虚の治療について
腎虚の治療について

続きを見る

肺陰虚の治療について

肺という臓器は、心の熱を受けて乾燥しやすく、その乾燥が度を超えると様々な障害を引き起こします。また、肺陰虚は上記の脾虚~腎虚までの全ての段階と実証で、適応病態が存在します。非常に横断的な病態です。

以下の記事では、肺陰虚の病態生理からバリエーションまでご紹介しています。

肺陰虚の治療は温病の治療にもなりますので、是非マスターしたい所です。少しでもお役に立てれば幸いです。

参考記事
肺陰虚の治療について
肺陰虚の治療について

続きを見る

心気虚・心血虚の治療について

心という臓器は、身体のエンジンであると共に、精神的なOS(オペレーションシステム)になります。

この部分にエネルギー不足(心気虚・心血虚)が起こると、不眠や精神不安等の精神症状が起こります。

心気虚・心血虚の治療については、以下の記事にて詳しくご紹介しています。是非ご覧ください。

参考記事
心気虚・心血虚の治療について
心気虚・心血虚の治療について

続きを見る

ドラッグストアでの漢方の選び方

ムセキ
時間の無いドラッグストアでの漢方相談に使えるプロトコルをnoteにまとめました。

いくら漢方医学を勉強しても、実践をしなかったら意味がありません。こちらのnoteでは、解りやすく安全に漢方を選べるようプロトコルを作りました。

現在、ドラッグストアで扱っている漢方製剤100種類位を網羅していますので、このnoteを使って選んで頂ければと思います。

さいごに

ムセキ
ここまでお読み頂き、ありがとうございます。

今回は、漢方の臨床に役立つ記事についてまとめてみました。これから先もこのまとめ記事のボリュームは増えていくと思いますので、定期的にチェックして頂けると幸いです。

この記事が皆様のお役に立てたら嬉しいです。最後までお読み頂きありがとうございました。

以下より他の漢方記事が検索できますので、宜しければご活用下さい。

参考記事
目次

続きを見る

それではまた!ムセキ(@nagoyakampo)でした。

Copyright© 名古屋漢方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.