名古屋を中心とする東海地方の漢方医学と、それに基づいた健康・美容情報等をご紹介します。

名古屋漢方

漢方薬の解りやすい説明

【漢方:110番】立効散(りっこうさん)の効果や副作用の解りやすい説明

投稿日:

立効散

立効散

ポイント

この記事では、立効散についての次の事が解ります。

・患者さんへの説明方法、副作用や注意点

・出典(条文)、生薬構成

・詳しい解説、他処方との鑑別

「名古屋漢方.com」のムセキです。

本記事は、立効散についての解説記事になります。

最初に患者さんへの説明例、その後に詳しい処方解説を載せています。日々の業務で使う資料として、ご活用頂ければ幸いです。

ムセキ
よろしくお願いしますm(_ _)m

スポンサーリンク

<急ぎの方用>患者さんお客さんへの説明

ムセキ
私が普段行う説明を書いています。

一般的な説明

今日は、立効散という漢方薬が出ています。このお薬は、歯の痛みに昔からよく使われるお薬です。

今日はどのような症状で受診されましたか?

○○という症状ですね。

お困りの症状に、先生はこれが良いと考えられたようです。漢方ですので西洋薬の痛み止めより胃に優しいです。一度、試してみてください。

身体が冷えたり、食欲が無くなりますと効き難くなりますので、体調には充分にお気をつけ下さい。

漢方医処方の場合の説明

今日は、立効散という漢方薬が出ています。このお薬は、歯の痛みがある場合や、抜歯後の痛みによく使われるお薬です。

今日はどのような症状で受診されましたか?

○○という症状ですね。

お困りの症状に、先生はこれが良いと考えられたようです。このお薬は、「立ちどころに効く薬」と言われ、昔から歯の痛みに使用している漢方です。

一度、試してみてください。

漢方ですので西洋薬の痛み止めより胃に優しいです。

身体が冷えたり、食欲が無くなりますと効き難くなりますので、体調には充分にお気をつけ下さい。

主な注意点、副作用等

アナフィラキシー

偽アルドステロン症

冷え

添付文書(ツムラ110番)

ツムラ立効散(外部リンク)

ムセキ
ここから下はゆっくりと読んで頂ければと思いますm(_ _)m

立効散についての漢方医学的説明

ムセキ
専門家向けの内容です。

生薬構成

細辛2、升麻2、防風2、甘草1.5、竜胆1

出典

衆方規矩

条文(書き下し)

「牙歯痛んで忍び難く、微し寒飲を悪み、大いに熱飲を悪み、脈三部陰盛陽虚す。これ五臓内に盛んに、六腑陽道の脈微小にして小便滑数なるを治す。」

条文(現代語訳)

「歯が痛んで我慢できず、少し冷たい物を嫌い、非常に熱いものを嫌い、三脈全て陰が盛んで陽が虚すもの。この処方は五臓の内部が実して、六腑の陽の脈が虚して、尿を何回も出すものを治す。」

解説

今回は、立効散の処方解説になります。名前の通りの効能とされ、歯痛に対して「立ちどころに効く薬」と言われています。

それでは、まずは条文を見ていきます。条文は、要約しますと「歯痛があり、冷たいもの熱いもの両方を嫌がるもの。脈の所見において陽虚陰盛で尿の回数の多いもの。」となります。

条文にも歯痛という言葉があり、この所見が本処方を使う目標になる事が解ります。

また、「三脈の陽虚陰盛」というのは、寸口(すんこう)、関上(かんじょう)、尺中(しゃくちゅう)という左右それぞれにある脈全てにおいて、触れるだけの場合に脈が取れず、グッと押し込むと強く触れるものになります。

臓腑において、臓は陰、腑は陽となりますので、この様な脈が現れます。

次に、構成生薬を見ていきます。構成生薬は、それぞれ

気を昇らせ九竅を利す、風寒湿を去る:細辛

昇堤作用:升麻

祛風湿:防風

緩和、諸薬の調和:甘草

去湿熱:竜胆

の様になります。

本処方は、後世方でよく使用される升麻や防風が使用されていますが、出典が中国書籍ではなく衆方規矩(しゅうほうきく)という日本の書物となります。

しかし、その構成は漢方の理論に沿ったものであり、そう言った意味では漢方薬という事が出来ます。

つまり、この処方の特徴は「陽虚陰盛」であり、陽(気や熱、動き等のエネルギー)が虚したものが適応となります。

陽虚陰盛というのは、脈から考えますと経絡を気が巡っていない状態となります。ですので、気虚様症状も周辺所見として見て置く必要があります。

その止まった陽気を動かす為に、九竅を利す(きゅうきゅうをりす:身体の穴の気を通す)細辛を使用しています。

これで陽の気を巡らせて盛んにするのと同時に、風湿熱の邪を処理するという訳です。

只、陽の気を盛んにするのは裏から表への流れをつけるだけで、脾胃を補って気を満たすという事ではありません。脾胃の虚がある場合は、先にそちらを治す必要があります。

まとめますと、立効散は「歯の痛みがあり、冷飲熱飲を嫌がり、気虚様症状があり、小便に何回も行くもので、三脈が陽虚陰盛となるもの。」となります。

本処方は、著しい気虚や裏寒がある場合は不適になりますので、注意が必要です。

鑑別

立効散と他処方との鑑別ですが、代表的なものに排膿散及湯があります。詳しく解説していきます。

排膿散及湯

立効散と排膿散及湯は、共に歯科領域の処方であり、鑑別対象となります。

排膿散及湯は、その処方名の通り膿を出す処方となります。歯科領域では、歯槽膿漏等で歯茎が腫れて化膿しているものに使用します。

対して、立効散は抜歯後疼痛や知覚過敏等、神経の痛み等に使用しますので、その辺りで鑑別が可能となります。

お読み頂きありがとうございます。

ムセキ
他の記事も宜しくお願い致します。

以上です。少しでも参考になれば幸いです。以下より、他の漢方記事が検索できますので、宜しければご活用下さい。

参考記事
「漢方薬の効果や副作用の解りやすい説明」データベース

続きを見る

参考記事
目次

続きを見る

Copyright© 名古屋漢方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.