名古屋を中心とする東海地方の漢方医学と、それに基づいた健康・美容情報等をご紹介します。

名古屋漢方

漢方薬の解りやすい説明

【漢方:99番】小建中湯(しょうけんちゅうとう)の効果や副作用の解りやすい説明

投稿日:

 

小建中湯

小建中湯

ポイント

この記事では、小建中湯についての次の事が解ります。

・患者さんへの説明方法、副作用や注意点

・出典(条文)、生薬構成

・詳しい解説、他処方との鑑別

「名古屋漢方.com」のムセキです。

本記事は、小建中湯についての解説記事になります。

最初に患者さんへの説明例、その後に詳しい処方解説を載せています。日々の業務で使う資料として、ご活用頂ければ幸いです。

ムセキ
よろしくお願いしますm(_ _)m

スポンサーリンク

<急ぎの方用>患者さんお客さんへの説明

ムセキ
私が普段行う説明を書いています。

一般的な説明

今日は、小建中湯という漢方薬が出ています。このお薬は、身体の疲れが酷い場合や便秘や、体質改善薬としてよく使われています。

今日はどのような症状で受診されましたか?

○○という症状ですね。

お困りの症状に、先生はこれが良いと考えられたようです。このお薬は、疲れを取って元気をつけ、お腹を整えてくれます。

身体が冷えたり、食欲が無くなりますと効き難くなりますので、体調には充分にお気をつけ下さい。

漢方医処方の場合の説明

今日は、小建中湯という漢方薬が出ています。

このお薬は、虚労と呼ばれる身体の疲れが酷い場合によく使われるお薬です。小児の便秘や体質改善薬としてもよく使われています。

今日はどのような症状で受診されましたか?

○○という症状ですね。

お困りの症状に、先生はこれが良いと考えられたようです。このお薬は、疲れを取って元気をつけ、お腹を整える事で便が出にくいものも改善します。

また、それが原因で起こる様々な症状を改善しますので、一度、試してみてください。

身体が冷えたり、食欲が無くなりますと効き難くなりますので、体調には充分にお気をつけ下さい。

主な注意点、副作用等

アナフィラキシー

偽アルドステロン症

過敏症(発疹、発赤、そう痒等)

冷え

添付文書(ツムラ99番)

ツムラ小建中湯(外部リンク)

ムセキ
ここから下はゆっくりと読んで頂ければと思いますm(_ _)m

小建中湯についての漢方医学的説明

ムセキ
専門家向けの内容です。

生薬構成

芍薬6、桂皮4、大棗4、甘草2、生姜1、膠飴10

出典

傷寒論、金匱要略

条文(書き下し)

「傷寒、脈渋弦にして、まさに腹中急痛すべき証。」

「虚労、裏急し、悸(き:動悸)し衂(じく:鼻血)し、腹中痛み、夢に失精し、四肢痠痛(ししさんつう:手足が重だるような痛み)し、手足煩熱(手足の熱感)し、咽乾き口燥く証。」

「腹中痛む証。」

条文(現代語訳)

「風邪で、脈が渋って弓の弦の様にビンビンしていて、急な腹痛があるもの。」

「疲れこみ、肝血が不足し筋肉が張って、動悸して鼻血を出し、腹痛があり、夢精し、手足に重だるような痛みがあり、手足の熱感があり、口や咽が渇くもの。」

「腹中痛む証。」

解説

今回は、小建中湯の処方解説になります。この処方は、一般的に腹痛や小児の便秘や体質改善の薬として使用されています。

それでは、まずは条文を見ていきます。

条文は多数ありますが、要約しますと「腹痛、虚労裏急、動悸や鼻血があり、夢精し、四肢の痛みや煩熱、口の渇きがあるもの。」と纏める事が出来ます。

「疲れ込んで起こる、腹痛を中心とした諸症状に効果のある処方」と言い換えても良いでしょう。

次に、構成生薬を見ていきます。構成生薬は、それぞれ

桂枝加芍薬湯:芍薬、桂皮、大棗、甘草、生姜

補気:膠飴

の様になります。

本処方は、元々は桂枝湯が出発点となっており、そこから芍薬を倍増させて桂枝加芍薬湯とし、そこから膠飴を足す事で成立しています。

ですので、これらの親となった処方の特徴は、小建中湯にも引き継がれていると見るのが自然な考えです。

そもそも、建中という言葉は「中を建て直す」という意味であり、地面に建材を用いて家を建てる様な例えをよくされます。

地面というのは土である「脾」であり、脾胃がしっかりと整った上で、初めてその効果が出てきます。逆に言いますと、脾胃が整っていない状態では使用出来ない薬でもあります。

これは、芍薬と桂枝が配されている事から読み取れる事で、全身の営衛を整えるこれらの生薬を生かす為には、その根本である脾胃を整える必要があるという事の裏返しでもあります。

脾胃が整った上で小建中湯を使用しますと、脾胃の肌肉から肝血を養う力が強くなり、裏虚(肝陰虚)が解除されます。

狭義の虚労は裏虚であり、その所見は、

ポイント

1、疲れこんでいる

2、顔が逆上せている

3、手足の裏が熱い(手掌反熱)若しくは汗をかいている(手掌発汗)

4、両腹直筋の過緊張(大腿部も同様)

5、子供の様な素直な性格(ドラゴンボールの孫悟空の様な主人公的な性格)

6、皮膚や粘膜の荒れ、湿疹、盗汗がある

7、食欲が有り、便秘がち

8、子供に多い

この辺りです(建中湯の所見)。元気に走り回っている、顔の赤い便秘がちな小児の体質改善薬としてよく使います。

子供意外でも、子供の心を持った大人の方(ドラゴンボールの孫悟空の様なとても素直な方が疲れて逆上せている状態)にも合う処方となります。

本処方は、裏寒と脾虚に注意さえすれば安全な薬であり、非常に使いやすいです。ちなみに、ベジータは柴胡加竜骨牡蛎湯証だと私は考えています。

さらに余談ですが、小建中湯に入っている膠飴の事を私が「元気玉」と言ったのを師匠先生が気に言って下さり、診療で膠飴の事を「元気玉」と仰られているようです。

ドラゴンボールのアレと掛けた駄洒落だったのですが、「ひょうたんから駒」となりました。

以上、まとめますと、小建中湯は「建中湯の所見があり、腹痛や虚弱体質の改善をはじめとした諸症状に使用出来る。」と言えます。

本処方は、裏寒と脾虚がある場合には不適となりますので、注意が必要です。

鑑別

小建中湯と他処方との鑑別ですが、代表的なものに黄耆建中湯、大建中湯、当帰建中湯、十全大補湯(気血両補剤全般)があります。

それぞれについて解説していきます。

黄耆建中湯

小建中湯に黄耆を足した処方が黄耆建中湯であり、ほぼ効能も同じになりますので鑑別対象となります。

黄耆の効能は「肺気を高める」という一点であり、その結果、粘膜や皮膚のバリア機能を高める事になります。その為、湿疹等の皮膚疾患がある場合によく用いられます。

また、肺という臓器は全身の気の流れを調節しており、その動きも良くなりますので建中湯の効果は全身に及びます。その分、脾胃や肝等の中心の臓への効果は下がります。

ですので、これら2処方の使い分けは、腹痛や虚状の激しい場合等、中心を補う必要がある場合は小建中湯、皮膚をはじめとした全身を補いたい場合は黄耆建中湯となります。

これは、傷寒論と金匱要略に書かれている条文通りの使い分けと一致します(漢方の本の中には黄耆建中湯の方が虚状が激しいと書かれているものもありますが、それは間違いだと考えています)。

大建中湯

小建中湯と大建中湯は、同じ建中湯という名前であり、膠飴が含まれている為鑑別対象となります。

小建中湯は、上の解説の通り虚労という疲れこんだ状態の時の処方ですが、大建中湯の場合は下部消化管の蠕動不良によるガス満等を目安に使用される処方となります。

ですので、おならがよく出る、お腹が張る、軟便だが便秘ぎみ、という場合によく使用されます。この辺りで鑑別が可能となります。

当帰建中湯

小建中湯に当帰を足して膠飴を引いたものが当帰建中湯であり、鑑別対象となります。

建中湯の場合は、通常膠飴を含みますが、当帰建中湯には入っていません(理由は不明)。虚労状態が激しい場合は膠飴も入れるようです。

この2処方の鑑別は、当帰の有無がポイントになります。当帰が要るという事は血虚を引き起こしているという事であり、その肌の色艶は良くない事が多いです。

私の漢方の師匠先生には「現代的な美人さんの薬」と教わりました。少女漫画の主人公の様なイメージでしょうか。

建中湯所見+血虚があれば当帰建中湯になりますので、それらの有無で鑑別が可能となります。

十全大補湯(気血両補剤全般)

小建中湯と十全大補湯は共に疲労に対する処方であり、鑑別対象となります。

小建中湯の場合、解説に書いた様な建中湯の所見があります。十全大補湯の場合、それに輪をかけて血虚所見が見られます。

つまり、小建中湯よりも肌の色艶が悪い為、そこで血虚があると判断されます。

また、地黄が入りますので、身体がある程度ガッシリしており、冷えや胃腸の虚があまり無いのが特徴となります。

小建中湯証の場合、食欲は有りますが痩せている方が多い為、そこが鑑別ポイントとなります。

お読み頂きありがとうございます。

ムセキ
他の記事も宜しくお願い致します。

以上です。少しでも参考になれば幸いです。以下より、他の漢方記事が検索できますので、宜しければご活用下さい。

参考記事
「漢方薬の効果や副作用の解りやすい説明」データベース

続きを見る

参考記事
目次

続きを見る

Copyright© 名古屋漢方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.