名古屋を中心とする東海地方の漢方医学と、それに基づいた健康・美容情報等をご紹介します。

名古屋漢方

漢方的健康情報

お肌を内側から綺麗にする6つの漢方の知恵

更新日:

こんにちは!「名古屋漢方.com」のムセキですm(_ _)m。

今日は、お肌の改善方法について、漢方医学ではどういう風に考えるかご紹介します。

養生しなさいって事ですよね?

ありきたりの注意が多いのかな。

ムセキ
最終的にはそうなりますが、漢方の見方だと、新しい発見があると思います。

養生は大体、西洋医学も漢方医学でも似ているのですが、陰陽五行説で皮膚の事をどう見て、どういう風に治していくかというプロセスに独特のものがあります。

それでは、早速ですが、以下の見出しに書いていきます。よろしくお願いしますm(_ _)m

スポンサーリンク

お肌は肺のグループ

ムセキ
これは西洋医学には無い考え方ですね。

お肌と言いますか「皮膚」は、漢方医学では肺のグループに入ります。

いきなり理論に入ってしまって申し訳ないですが、この考え方がポイントになりますので、お付き合い頂ければと思います。

陰陽五行説という考え方で肺を考えた場合、金というグループになります。

肺という臓器は、身体の一番上にある臓器で、ご存じの通り、呼吸をしています。そのグループの皮膚は、身体と外の境目に存在し、ある意味身体の一番上に位置しています。

皮膚呼吸という言葉もありますし、汗と共に熱も出していますので、皮膚は肺のグループとされたのだと思います。

ちなみに、大腸も肺と同じグループになります。宿便がお肌に良くないのは、漢方医学的には道理が通った話になります。

また、瘀血と呼ばれる、悪い血(毒を含んだ血や細胞)も、最終的に大腸から便として出して治療する事が多いので、結局「不要なものを外に出す」臓器という一面が肺のグループにはあります。

余分なものは身体に溜めると良くない

ムセキ
余分なものを外に出すという事は・・・。

ここで、ちょっと考えてみます。「余分なものを外に出す」という事は、逆に言いますと「身体の内部を綺麗に保つ為に肺を使う」という事になります。

お肌の調子が悪い方は、つまり、何らかの異常が身体内部にある事を示しています。

肺の状態というのは、他の木火土水の状態にかなりの部分、依存しているとも言えます。

他の木火土水からの影響

ムセキ
あまり長くなるのもアレなので、簡単にご紹介します。

木の影響

木の臓器は肝になります。ここからの影響は、ストレス(怒り)の影響が主になります。

体質的にストレスのかかりやすい方というのは、通常状態でもストレスのエネルギーを身体に溜めやすい為、そこで気血のバランスが狂ってお肌の栄養が不足気味になります。

そうなりますと、お肌は浅黒くなったり、くすみが出てきたりします。

火の影響

火に該当する臓器は心になります。肺は、呼吸の他に、心から出た余分な熱を呼吸と共に外に出しています。

夏、秋等はその熱が肺に溜まりやすくなりますので、そこから上の部分である胸~顔が赤く火照ってきます(解り易い例は「夏場に走った時に顔が赤く火照る」という事です)。

土の影響

土の臓器は胃腸になります。胃腸の調子が崩れると、お肌の状態も荒れてきます。栄養の元が断たれますので、簡単に想像が出来ます。

水の影響

水のグループの臓器は腎になります。腎が衰えると、瑞々しさが失われてきます。若い人の肌とご年配の方の肌を比べると、解り易いと思います。

また、身体の冷えの根本もこの腎(命門の火といいます)の冷え(裏寒)になります。裏寒になりますと、身体の中心部分が青く黒くなってきます。

漢方的にお肌を良くするコツ

ムセキ
前の見出しまでで、お肌の調子が悪くなる原因を挙げました。

お肌の調子が身体内部の影響を非常に受けているという事が解りました。となりますと、改善方法は、結局「身体の内部をケアする」という結論になります。

ムセキ
残念ですが、「結局は抜け道は無い」という事になりますm(_ _)m

これから、漢方の養生法では「どうやって身体内部を良くしていくのか?」という事をお話していきたいと思います。

冷え(裏寒)に注意しましょう

身体内部の冷えに注意する事が最優先かつ最重要になります。

身体内部の冷え(裏寒)をどうすれば良いかというのは別記事で詳しく書いていますので、ご覧頂ければと思います。

参考記事
その体調不良は「裏寒」が原因かも?対処法をお伝えします!!

続きを見る

胃腸の調子を整える

胃腸の調子を整えるのは「簡単ですが難しい」です。要は、行う事は簡単ですが、実際に行うのは中々難しいからです。

漢方医学的に理に叶った食生活は「和食を中心にして腹6~7分目の食事をする。」事で、胃腸を休める食生活とも言えます。

ですが、現代は誘惑が多すぎますので、その食生活を行うというのは現実的にはかなり難しいのではないでしょうか。

ムセキ
少なくとも私は無理です・・・。

ですので、「出来るだけ」で良いのではないでしょうか。そして、そこから少しずつ理想へ近づけていけば良いと思います。

休む事は大切です

インターネットやスマホの発達で、どうしても夜に起きている事が多くなっています。

なるべく、日付の変わる前に寝たいものです。休む事は、腎を休ませる事になります。夜更かしは老化へアクセルを踏んでいるようなものです。

思いやりを持つと身体の細胞は活性化します

思いやりを持つと、漢方学的に理想状態になりやすくなります

理想状態とは、土台がしっかりとして身体の上半身の力が抜けやすくなるという事です。そうしますと、身体全体へ良い影響が出てきます

また、これに関しては別記事を書きたいと思っています。

ここでは、「思いやりを持つ事がお肌の状態を改善する方法」と思って頂ければと思います。

ストレスの発散をしましょう

ストレス発散も重要です。ストレス発散は肝の負荷を軽くします。ストレス発散方法については、別記事にてご紹介していますので、ご覧頂ければと思います。

参考記事
陰陽五行説の考えを使って、ストレスを効果的に発散する方法

続きを見る

適度に運動しましょう

運動と言っても、歩くだけでも十分です。キツイ運動をしなくてもOKです。

代謝を上げると身体の毒も掃除されて外に出やすくなりますのでお勧めです。

昔の記録ですが、「癌もジョギングと食生活で消えてしまった。」という話もあります(相当努力されたようですが)。

お読み頂きありがとうございます。

ムセキ
他の記事も宜しくお願い致します。

以上です。少しでも参考になれば幸いです。以下より、他の漢方記事が検索できますので、宜しければご活用下さい。

参考記事
漢方から考えた健康・美容情報記事まとめ

続きを見る

参考記事
目次

続きを見る

Copyright© 名古屋漢方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.