名古屋を中心とする東海地方の漢方医学と、それに基づいた健康・美容情報等をご紹介します。

名古屋漢方

漢方薬の解りやすい説明

【漢方:2番】葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)の効果や副作用の解りやすい説明

更新日:

ポイント

この記事では、葛根湯加川芎辛夷についての次の事が解ります。

・患者さんへの説明方法、副作用や注意点

・出典(条文)、生薬構成

・詳しい解説、他処方との鑑別

「名古屋漢方.com」のムセキです。

本記事は、葛根湯加川芎辛夷の解説記事になります。

最初に患者さんへの説明例、その後に詳しい処方解説を載せています。日々の業務で使う資料としてご活用頂ければ幸いです。

ムセキ
よろしくお願いしますm(_ _)m

スポンサーリンク

<急ぎの方用>患者さんお客さんへの説明

ムセキ
私が普段行う説明を書いています。

一般、漢方医共通の説明

今日は漢方の風邪薬が出ています。

有名な薬の葛根湯をご存じかと思いますが、それに川芎と辛夷という二つの生薬を足した葛根湯加川芎辛夷と言います。

葛根湯が合う、首筋が張って頭痛があって寒気がして汗が出てなくって、という丁度熱が上がりかけの場合で、黄色い鼻水が出る場合に使います。

急性の副鼻腔炎のお薬として有名です。

①医師より「頓服」「調節して飲んで」と指示がある場合、自分で売る場合

元々、葛根湯が頓服で飲むように作られている薬ですので、葛根湯加川芎辛夷も飲んで症状が良くなったら、飲む必要がありません。良くなったら止めてOKです。

なるべく消化の良いものを食べて下さい。お粥や雑炊が良いと思います。飲んでもあまり効果が無いようなら、首筋、頭と首の境目を揉むと良く効いてきます。

また、足湯をすると冷え防止になるので、風邪を早く治せますよ。あとは、まあ、寝る事でしょうか。

②医師より数日程度処方が出ていて、何も指示が無い場合

先生の指示通り、〇日分飲むようにお願いします。薬の効果を助ける為、足湯等をして身体を冷やさないようにしてください。

なるべく消化の良いものを食べて下さい。お粥や雑炊が良いと思います。飲んでもあまり効果が無いようなら、首筋、頭と首の境目を揉むと良いでしょう。

また、足湯をすると冷え防止になるので、風邪を早く治せますよ。あとは、まあ、寝る事でしょうか。

主な注意点、副作用等

アナフィラキシー

偽アルドステロン症

血圧上昇(高血圧)

胃腸障害

尿閉

便秘

動悸

冷え(裏寒)

添付文書(ツムラ2番)

ツムラ葛根湯加川芎辛夷(外部リンク)

ムセキ
ここから下はゆっくりと読んで頂ければと思いますm(_ _)m

葛根湯についての漢方医学的説明

ムセキ
専門家向けの内容です。

生薬構成

葛根4、麻黄3、桂枝2、芍薬2、甘草2、大棗3、生姜1、川芎2、辛夷2

出典

本邦経験方。葛根湯に川芎、辛夷を足した処方です。下記の葛根湯の条文(傷寒論、金匱要略)を載せておきます。

条文(書き下し)

「太陽病、項背こわばること几几(しゅしゅ)、汗なく、悪風(おふう)する証。」

「太陽と陽明との合病、自ら下痢する証。」

「太陽病、汗なく、小便反って少なく、気、胸に上衝し、口つぐみて語るを得ざる証。」

条文(現代語訳)

「太陽病で、首筋が固くこわばり、汗なくして、悪風(おふう)するもの。」

「太陽と陽明との合病で、自ら下痢するもの。」

「太陽病で、汗なく、小便は反って少なく、気が胸に上衝し、口つぐみて言葉が出ないもの。」

解説

葛根湯加川芎辛夷は、葛根湯に川芎と辛夷という生薬を加えた処方になります。

川芎は血を走り散らす作用、辛夷は気を通す作用があり、両方で鼻を通す効果が追加されます。

しかし、基本的に葛根湯加川芎辛夷は葛根湯なので、使用目標や問題点は葛根湯に準じます。

葛根湯証で鼻づまりがあるもの、としておくと、使いやすくなると思います。葛根湯については、こちらで記事にしていますので、ご参考いただければ幸いです。

参考記事
【漢方:1番】葛根湯(かっこんとう)の効果や副作用の解りやすい説明

続きを見る

繰り返しになりますが、一定期間飲み続ける様に処方が出ている場合、葛根湯の誤治で冷え(裏寒)や胃腸障害(脾虚)が起こる可能性がありますので、その対処を伝えておく必要があります。

薬局、ドラッグストアでどれが良いか聞かれた場合は、リスクと効果を考えますと、やはり一般用医薬品(西洋薬)で症状を聞いて対応する方が、間違いは少ないように思います。

鑑別

簡単に鼻水処方が選べるように、一般的には「水鼻には小青竜湯、粘りけが強いものや黄色い風邪の鼻水は実だから、辛夷清肺湯や荊芥連翹湯、葛根湯加川芎辛夷が合っている。」と言われています。

実は、鼻水に使える薬というのはその他にも色々あり、水鼻だと真武湯や茯苓四逆湯でも良いですし、粘り気のあるものですと、排膿散及湯、桔梗湯等も使えます。

結局は証決定が重要で、むしろ、これらの処方の方が現代人向きの鼻水薬だと思います。

各方剤は、それぞれ対象となる証がバラバラですので、体質に合うものから選んだ方が上手く行く事が多い様に感じます。

上に書きました「水鼻なら△□、粘り気のある鼻水だったら〇△。」という決め方は非常に危ない証決定の方法です。

余談ですが、荊芥連翹湯については、私は鼻水で使った事は一度もありません。

この方剤は竜胆瀉肝湯の類方なので、竜胆瀉肝湯の合う肝の実熱の患者さんで、かゆみの強い方によく合う処方という認識です。

お読み頂きありがとうございます。

ムセキ
他の記事も宜しくお願い致します。

以上です。少しでも参考になれば幸いです。以下より、他の漢方記事が検索できますので、宜しければご活用下さい。

参考記事
「漢方薬の効果や副作用の解りやすい説明」データベース

続きを見る

参考記事
目次

続きを見る

 

Copyright© 名古屋漢方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.