名古屋を中心とする東海地方の漢方医学と、それに基づいた健康・美容情報等をご紹介します。

名古屋漢方

漢方的健康情報

初秋(夏バテ)から晩秋(冷え)までの漢方の選び方

更新日:

こんにちは、「名古屋漢方.com」のムセキです。今日は、初秋から晩秋までの漢方の選び方について、私が知っているコツを書きたいと思います。

秋は、Fallと英語で言いますが、落ちるように季節が一気に寒く変化していきます。ですので、それに使う漢方処方も、その場面場面毎にガラッと変えていく必要があります。

必ずしも「この処方!」と決めるという事ではありませんが、「こういう使い方をするんだな。」と参考にして頂ければ幸いです。

確かに、秋は漢方の選び方が難しいイメージ。

乾燥の処方で良いんだよね?

ムセキ
季節の変化を捉えながら選べば大丈夫です。

秋は変化が激しいので、漢方選択は難しいのですが、傾向を掴んだら対策が可能です。その辺りを書いていきます。

それでは、よろしくお願い致します。

スポンサーリンク

秋の漢方の全体的なポイント

ムセキ
一番大きいのは乾燥です。

秋は変化が大きい季節です。ですので、季節変化に応じて、漢方をどんどんと変えていく必要があります。年によって、その移り変わるスピードも違いますので、季節の移ろいを肌で感じながら、感覚で処方していきます。

ムセキ
秋は漢方家の腕の見せ所とも言えます。

秋の処方の全体的なポイントとしては、夏の疲れ、乾燥、毒取り、心気虚の4つです。もちろん、裏寒や脾虚にも注意しますが、これらを頭に入れて処方を決定していきます。

また、秋のステージによって使う処方を変化させる必要もあります。そのあたりの具体的なポイントを書いていきます。

初秋の漢方

ムセキ
夏の暑さがまだ残っている時期です。

お盆~9月初旬位までの初秋は、夏バテと脾胃の虚を中心に考えます。夏→秋の流れは相克の流れで、夏が激しければ激しい程、秋がダメージを受ける事になります。

秋という季節は、冬に向かって身体の器質(陰)を作っていく季節になりますので、夏が長引けば身体作りにもガタが来ます。

夏の土用の時期から節制をすることが非常に重要になってきます。その辺りは別記事で書いていますので、ご参考頂ければと思います。

参考記事
漢方医学から学ぶ初秋の過ごし方

続きを見る

さて、初秋における漢方を選ぶポイントですが、この時期は夏の暑さと乾燥がメインになりますので、麦門冬が入った処方が適応になります。

麦門冬が入った処方は、肺の陰虚を治すので、心熱肺熱を和らげる効があります。即ち、上焦の燥熱を和らげることができます。喉が渇いて乾いてという方、胸を触って熱がある場合にお勧めです。

脾虚もある場合に使いやすいのが清暑益気湯で、それが甚だしい場合は麦門冬湯が良いでしょう。

頑張りすぎて疲れが甚だしい、という場合には炙甘草湯が良いです。この処方は、気血両補剤の一種ですので、オールマイティに使えるのがポイントです。頑張りすぎの方で食欲があって、顔が全体的に赤くて、という方が合う処方になります。

また、身体ががっしりしていますが、疲れがあって尿が出にくい、湿疹が陰部に出ているという事であれば、清心蓮子飲等も考慮に入れます。

腎虚の証が強く、胃腸丈夫であれば味麦地黄丸が良いチョイスになります。

中秋の漢方

ムセキ
大分暑さも落ち着き、身体も安定します。

中秋(9月中旬~10月中旬)は、夏の暑さが落ち着いてくるので、身体の状態も落ち着いてきます。

年によっては、季節変動が激しく、身体がついていけない事もありますので、そのような場合には十全大補湯や人参養栄湯、炙甘草湯などの気血両補剤を考慮に入れます。

体調が季節に上手く乗って、体調が安定している方は、根本治療のチャンスでもあります。

竹筎温胆湯や滋陰至宝湯、加味逍遥散等の柴胡剤や芎帰調血飲、温経湯等の駆瘀血剤等を使って毒取りを行っても良いです。

牛車腎気丸や六味丸等の補腎剤も、場合によっては適応になります。

また、体調の悪い方は冷えが来たり、また、憂鬱な気分を訴える場合もありますので、真武湯人参湯等の温裏剤や甘麦大棗湯、心気虚の方剤である帰脾湯や人参養栄湯のチョイスも考えます。

晩秋の漢方

ムセキ
冬支度開始です。

晩秋(10月下旬~11月上旬)になりますと、冷えや補腎を主体に持ってくると上手く行くことが多いです。

補腎したいけど、まだ、胃腸の虚がある場合には、気血両補剤で補腎効果のある大防風湯気血両補剤の十全大補湯や人参養栄湯が適応となります。

体調が安定している場合は、毒取り、補腎剤や補血剤が適応になります(中秋に同じ)。

ですが、この時期は冷えが顕著に表れてくる場合がありますので、真武湯や人参湯等の温裏剤も合方する場合もあります(冷えて冷えて仕方ない、という場合は温裏剤だけの事もあります)。

お読み頂きありがとうございます。

ムセキ
他の記事も宜しくお願い致します。

以上です。少しでも参考になれば幸いです。以下より、他の漢方記事が検索できますので、宜しければご活用下さい。

参考記事
漢方から考えた健康・美容情報記事まとめ

続きを見る

参考記事
目次

続きを見る

Copyright© 名古屋漢方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.