名古屋を中心とする東海地方の漢方医学と、それに基づいた健康・美容情報等をご紹介します。

名古屋漢方

お勧め書籍

「漢方服薬指導ハンドブック」サポートページ

投稿日:

「漢方服薬指導ハンドブック」サポートページ

「漢方服薬指導ハンドブック」サポートページ

こんにちは、ムセキです。

この記事は、「漢方服薬指導ハンドブック」

のサポートページとなっております。

新しい情報がありましたらこちらのページに追加しますので、たまにで良いですのでチェックをお願い致します。

誤字脱字のお知らせ

ムセキ
書籍の誤字脱字等のお知らせです。

出版前に何度も見直して、誤字脱字等を取ったのですが、まだ残っていたようです。

ご迷惑おかけし、大変申し訳ございません。

以下に修正箇所を列記致しますので、御手数ですが修正テープ等を使用して修正して頂く様お願い申し上げます。

尚、第二版では修正致します(R3年12月~R4年1月頃予定)ので、他にもありましたら、お知らせ頂けると助かります。

修正点

P28
温清飲の構成生薬の所で、黄連(おうれん)が二か所ありますが、一つを「黄芩(おうごん)」としてください。g数は1.5gのままで大丈夫です。

P73
桂枝加葛根湯の条文で、「汗が出で風に当たる~」を「汗が出て風に当たる~」に修正お願い致します(で→て)。

P141
下から二行目で「過敏症にに使用する場もあります。」の様に「に」が一つ余分になっておりますので、削除お願い致します。

P234
当帰四逆加呉茱萸生姜湯の構成生薬に甘草が抜けています。「甘草(かんぞう)2.0g」と書き加えて頂きますようお願い致します。

P287
最後の行で、「本処方は、脾虚のある場合には~」を「本処方は、裏寒や脾虚のある場合には~」に変更お願い致します。

さいごに

ムセキ
何かありましたらご連絡下さい。

「漢方服薬指導ハンドブック」を買われた方に、「どうやったらアフターサポートが出来るだろうか?」と考えていました。

色々とご意見も頂いたのですが、私自身が身一つで、本業や家事育児との兼ね合いもありますので「サポートページの作成」で落ち着きました。

新しい情報が加わり次第こちらのページに加筆していきますので、宜しくお願い致します。

なお、まだ「漢方服薬指導ハンドブック」をお買い求め頂いていない方は、

【サンプル有】漢方服薬指導ハンドブックのご紹介

の記事を先にお読みいただく事をお勧めいたします。記事の最後からサンプルがダウンロードできますので、まずはそちらを使ってみて下さい。

Amazonリンクはこちら↓

今後とも宜しくお願い致します。ムセキ(@nagoyakampo)でした。

Copyright© 名古屋漢方 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.